RS GROUPホールディングは、メタノールおよびBIOポリマーを生産するための天然ガス処理プラントの建設の準備を開始しています。

プロジェクトオプション:

  • キャップコスト-13億ドル。
  • 生産性-160万トン/年のメタノール。
  • IRR-18%
  • 準備期間は2年、プラントの建設はさらに2年です。
  • 計画された出力は2024年です。
  • プロジェクトの回収期間は7〜9年です。
  • オーバーホール前のプラントのライフサイクルは50年です。

工場の製品は主にロシア連邦への外国為替収入の流入のために輸出志向型です。 将来の生産量の計画については、バイヤーからの申請があります。日本、インド、中国、BP(英国石油)の企業です。

プロジェクトの開始者は、2014年のメタノールプラントの建設やその他の大規模な産業および投資プロジェクトの実施など、ガスおよび石油化学の分野で長年の経験があります。

お客様の活動は、ロシア連邦の国内市場へのメタノールおよびBIOポリマーの長期供給と輸出が可能な、経済効率の高い近代的で環境に優しい企業を作ることを目的としています。

Categories:

Tags:

コメントは締め切りました